ニキビにも乳液は必要

ニキビ 乳液
ニキビに乳液なんか塗ったら余計に大きくなってしまいそう!

そんなふうに思っていませんか?

実は、ニキビに必要なのは化粧水ではなく、
クリームや乳液なのです。

ミュゼ

乳液はなぜ必要か?

ニキビができる人は、どちらかというと乾燥から
という場合が圧倒的に多いです。

「私は肌がベトベトしてるから乾燥じゃなくて脂性肌です」
という人も、おでこや鼻以外にできているなら乾燥肌です。

肌のバリアがなくなって乾燥しだすと、
ネバネバした皮脂を出していることが多いです。

それは角質がぶあつくなっていることと関係があります。

うまく皮脂でバリアできないから、
仕方ないので角質層でバリアしちゃえという状態です。

そして、表面が分厚くなっていったので、
皮脂がうまく出られなくなり、角栓へ、そしてニキビへ・・・

なので、まずは肌のバリアを油である乳液やクリームを薄く塗って
肌を保護してあげましょう。


化粧水は必要ありません。

乳液やクリームも少量でいいです。
薄く膜をはるイメージで塗ってあげましょう。


ニキビが引いてきたあと

ニキビが引いてきたら、クリームや乳液を使うのをやめましょう。

最終的には自分の皮脂でカバーできるようにならなければ
美しい皮膚にはなりません。

ずっとクリームで保護していたら、
古い角質層がはがれていくのを妨げます。

ゴワゴワ肌になるのは嫌ですよね?

なので、しばらくは角質層の薄さが正常に戻るまで
なるべく肌に何も塗らない時間を長くしておくことが重要です。

どうしてもカサカサするという場合は、
仕方がないのでほんの少しだけ塗ります。

その時、化粧水には切り替えないでください。

化粧水はあとから乾いて意味がありません。
時間がたつほど効果を発揮するのはクリームのほうです。

あと、注意点ですが、
もし可能であれば、使う乳液等の成分にもこだわってみるといいですよ。

成分についてはこちら→ 油性成分の良いもの悪いもの



P.S.

私もニキビがいっぱいできてしまったときは、
化粧水だけしか使っていませんでした。

あるとき、化粧水が切れてしまって
仕方がないから乳液を塗って過ごしました。

大体1週間ぐらいだったと思います。
ニキビによくないと思っていた油分は実は必要だったみたいで、

ほとんど小さくなって、もう治るなというところまで
きてしまったのです。

本当に驚きました。
肌のバリアって大事なんです。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ