ニキビの炎症を抑える方法

ニキビ 炎症 抑える
肌がニキビの炎症で赤くなっているときって、
本当に焦りますよね。

早く炎症を抑えたいからといっても
間違った方法で対処すれば余計に悪化するということもあります。

本当に慎重にケアを行っていかなければなりません。

ミュゼ

顔中がニキビで真っ赤!

顔中がニキビで真っ赤になってしまったとき、
いったいなぜそんなことになってしまったのか?

という原因を明らかにすることが重要です。

たとえば、日焼けのし過ぎでニキビが悪化することもあります。
日光アレルギーという可能性もありますからね。

そして、洗顔が原因の場合もあります。
強い洗浄剤を使っていませんか?

新しい化粧品を使い始めたばかりという場合は、
成分が合わなくてニキビになってしまったという原因も考えられます。

原因がわかれば、そのあとその行動をやめれば、
肌がよくなります。

私の経験では、洗顔が原因になっていることって
結構ありますよ。

盲点なんだと思いますが、
肌に負担がかかりやすく、肌荒れの原因になりやすいです。


原因がわからない時の対処法

なぜ、炎症が起こって、ニキビで顔が腫れあがっているのかが
わからない時は、まず洗顔をお湯だけにしてみましょう。

そうするだけでも、かなり落ち着きます。

炎症があるときの洗顔の詳しい内容はこちらから→ 炎症がひどい時の洗顔方法

洗顔の改善でましにも何にもならなければ、
お医者さんの受診をお勧めします。

私は基本的にニキビで医者に行くのは好きではありません。

なぜなら、強い薬を処方されて、
塗っている間は治るけれど、やめたらとたんに戻ってしまうからです。

でも、大きなニキビが多数できている場合は別で、
抗生物質を飲んだほうがいい場合もあります。

なぜなら大きくなってしまったニキビは、
跡が残りやすくなってしまうので、それ以上広がらないようにするのがねらいです。

でも、抗生物質を飲むということは、
肌のいい菌もやっつけてしまって、肌の本来の力も奪い去ってしまうということも
お忘れなく。

だからまずは、原因究明→ 洗顔見直し
という順番で取り組んでみましょう。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ