ニキビの炎症がひどいときの洗顔

doctor
ニキビが赤くてむちゃくちゃ炎症があるというとき、あなたはどうしていますか?

赤いニキビが2コや3コではなくて、5コや6コもしくはそれ以上、顔に広がってしまっている場合、洗顔はどのようにしているのでしょうか?

私も広がってしまったことがあるので、つらい気持ちはとてもわかります。

でも、炎症がひどい時のニキビの治すときは、自己流であってはなりません。

ミュゼ

ニキビに対する誤解

ニキビって軽く見られがちで、自分でしっかり治せる!なんて思ってしまう人が多いと思いますが、炎症がひどくて、真っ赤になっているのなら、専門機関を受診するほうがいいです。

ニキビは、ただ油が詰まったもの・・・なんて考えてしまいますが、原因は複雑に絡み合っていて、もしかすると、ほかの病気が隠れていることだってあります。

基本的には、自分でケアできる方法なんてお医者さんは教えてくれませんので、行くのをお勧めしない私ですが、上で書いたような場合は緊急事態です。行きましょう!

そして、そこまでひどくなっているのだったら、跡ができてしまうリスクが高まります。

なので、皮膚科や美容皮膚科を受診して、とにかくお薬でいったん炎症を抑えたり、専門の人のアドバイスに従いましょう。

薬の効果でいったんはよくなるはずです。

ニキビはいったん状態が収まって、肌がいい状態になると、そのいい状態を維持するのは難しくはないです。

薬を飲むのをやめると、また再発してしまう・・・という悩みをニキビではよく聞きますが、間違ったケアを繰り返してしまうことが原因です。

だから、正しいケアを身につければ大丈夫です。


ニキビがひどい時の洗顔

さて、遅くなりましたが、今回の本題です。

ひどいとき、基本的には、お医者さんに言われた通りのケアを実践します。

そして、もらったもの以外はつけないほうがいいです。

薬のほかに、お医者さんで「化粧水や乳液を塗って」と言われたら、どこのメーカーのものがいいのか聞いてきましょう。

ニキビがひどいけれど、医者になかなか行けない。明日も仕事で忙しいという人は、とにかく、クレンジングや洗顔料などの落とす系を使わないようにしましょう。

化粧を落とすのは、モイスチャーライザー(乳液やクリーム)を肌に広げてコットンパッドでふき取るだけ。

それだけでも、かなり落ち着くはずです。

ちなみに、この化粧落としの方法は、海外のモデルが実際にやっている方法です。


P.S.

忙しい!といって、肌が炎症でボロボロなのに、病院へ行かないのは危険です。

未来の肌を守るためにも行きましょう!

肌がなるべくきれいなほうが、毎日ハッピーでいられるのだから。

ニキビがひどい時は、何か悪い病気にかかってしまった!と思って病院に行きましょう!

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ