ニキビケアの保湿の仕方とは?

保湿
ニキビケアの保湿って実はけっこう難易度が高いんですよね。

でも、コスメカウンターのお姉さんから
間違ったケアの方法を刷り込まれて、ニキビを悪化させている場合もあります。

健康な肌とニキビ肌の保湿の仕方は違います。

正しい方法を身につけて、まずはニキビができない肌にしていきましょう。

ミュゼ

過剰にやってはならない保湿

ニキビケアをするときに、保湿が大切だと聞いて、
化粧水、美容液、乳液、クリームと肌にどんどん塗り重ねている人もいますよね。

はい。過去の私のことです。

手をかけたら手をかけただけきれいになれると
思ってしまいがちなのですが、実は、それは大きな間違いです。

どんなに肌にいい栄養が入っていたとしても、
それだけ塗ったら肌に負担がかかりますよ。

膝が痛いという人に、重い荷物をうえからどんどん乗せているようなものです。

肌もいろいろなものを塗るほど傷んでしまいます。

塗るときにどうしても摩擦が生じるので、
それでもまた炎症が起こる原因になります。

そういった理由から、
かなりシンプル目のケアを心がけることが重要です。

まず、覚えておいてもらいたいのは、
たくさん塗り固めるぐらいなら、塗らないほうがまし
ということです。

塗らないと肌が砂漠でゴリゴリという場合は、
まず、メイクオフの方法や洗顔を見直しましょう。

それだけ砂漠状態になってしまうのは、
あとから保湿するからいいやと思っているわけにはいきません。

積み重なると、肌のバリア機能が低下して、
ニキビが余計にできやすくなります。


基本的なニキビケアのための保湿

ニキビケアをするとき、特にUラインと言われる
アゴから頬、こめかみにかけてのラインにニキビができやすい場合は、
乾燥が原因と言われます。

ですが、正しい保湿をしなければ、
余計に炎症性の強い、真っ赤なニキビがドカーンとできてしまいます。

洗顔方法を見直したら、少しの保湿でも大丈夫です。

さて、その具体的な保湿方法は、
乳液、またはクリームの1種類だけでケアをする方法です。

乳液かクリームを手に取って、ごく薄く肌に伸ばしてケア完了です。

それだけでいいのか?

はい。これ以上したら良くないですし、
これ以上しなければならないような洗顔はすべきではありません。

過剰に洗顔しないと取れないようなメイクも
辞めるべきです。

このように、ニキビのケアは、マイナスしていくケアです。

もし、何かがおかしい、ニキビができるという場合は、
「過剰になっていないか?」を確かめましょう。

ただ、ニキビはいろいろな条件でできるので、
ケアのせいばかりとは言えません。

睡眠、食事、トータルで見直すことが必要です。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ