いつかの石鹸がニキビに最適

いつかの石鹸
ニキビがあるときは、
洗顔に一番注意をはらわなければなりません。

使うものによって、肌の質が全く変わってくるのが
洗顔です。

特に、今は洗浄力の強すぎるものが
多く出ているので、気をつけたいです。

質問で、どんな石鹸を使ったらいいですか?
聞かれることが多いので紹介しておきます。

ミュゼ

固形石鹸を選ぶべき

私は、ニキビに悩まされてから、
チューブの石鹸は100%使わなくなりました。

なぜなら、固形石鹸のほうが肌への刺激が少ないからです。

物質として安定しているのは、
液体よりも個体というのが理科の基本です。

つまり、個体では必要のないものでも、
液体で保存するために、肌に不必要なものが混ぜられていることが多いのです。

つまり、肌に負担になるものが、微量ではあるけれど、
入っているということです。

私のブログを見て頂いている人は、
すでに、無添加の石鹸を使っている人も多いのではないでしょうか。

無添加の石鹸は、肌にとってプラスもなければマイナスもなく、
無難に使うことができます。

一番オススメのアイテムです。

ただ、ニキビの場合、少し古い角質をきれいにする
手伝いをしてあげるほうが、早くキレイになります。

そこで、「いつかの石鹸」を使うのです。


いつかの石鹸がなぜいいのか?

いつかの石鹸には、酵素が入っています。

酵素は、古い角質を取り、肌のキメを整えてくれます。

これを使って、肌がつるつるになりました。
という人も多いです。

よく市販でピーリング用の石鹸がありますが、
取り過ぎないように自分で調節するのが難しいです。

一方、酵素のほうは、表面の酸化した部分だけに
反応するので、うまく洗えます。

特に、いつかの石鹸は、合成界面活性剤や、
ラウリル硫酸ナトリウムが入っておらず、安心して使うことができます。

使用感としては、泡が少し緩いですが、
酵素の力でちゃんと洗うことができます。

優しく肌をなぞるようにして石鹸を広げて、
泡を流せば、クリアな肌になっていきます。


いつかの石鹸の使用頻度

いつかの石鹸は、毎日使えるのであれば毎日使って大丈夫です。

ですが、肌が荒れているときは、
1週間に2回ほど、日にちをあけて使用するのがいいです。

乾燥というより、なんかじっどり油が浮いている肌の時は、
石鹸自体の使用を、一度ストップします。

女性の場合は、お化粧をしているので、
石鹸を使わないというのは難しいのですが、
ダブル洗顔だけはしないようにしましょう。

もし、いつのかの石鹸を洗った後の乾燥具合が心配な場合は、
ブライトニングソープがオススメです。

詳しくはこちら
いつかの石鹸の詳しい内容

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ