ニキビを治す方法に蒸しタオルは必要か?

ニキビを治す方法 蒸しタオル
「ニキビ予防には蒸しタオル」とはいいますが、
どう使ったらニキビに効果的なのでしょうか?

蒸しタオルはなぜ使うのか?ということがわかれば、
肌のケアに役立つアイテムになってくれます。

しかも、用意するものがタオルと水だけなので、
それもうれしいところ。

ミュゼ

ニキビを治す蒸しタオル活用法

ニキビは毛穴のつまりだということは、
すでにご存じでしょう。

では、どうやってそのつまりを少しでもなくすか?

というのが課題なんですよね。

もちろん、基本的なケアは重要です。
でも、応急処置として使えるのが蒸しタオルです。

まず、タオルを水にぬらし、
水が垂れないぐらいに軽く絞ります。

そして、電子レンジでチンすれば蒸しタオルの完成です。

時間配分は使っているレンジや
タオルの質で時間は変わってきます。

時間は短くていいです。
あまり熱くならないようにするのが重要です。

暖かくなったタオルを肌の上に乗せて、
じわ~と肌の表面が暖かくなるのを感じましょう。

お化粧をしている方は落としてから。
すっぴんの人は、軽く水洗いをしてから行います。


蒸しタオルは必要不可欠か?

蒸しタオルは毎日行ったほうがいいか?というと
別に毎日は行わなくてもいいものです。

もちろん、毎日シャワーだけという人は
蒸しタオルをしたほうがいいです。

でも、覚えておきたいのが、
蒸しタオルをしたからといって、肌の水分量が増えるということはありません。

蒸しタオルを行うよりも、ニキビを治すのに貢献してくれるのが
お風呂にしっかりとつかることです。

とくに、日ごろスポーツをあまりせず、
汗をかくことがないという人は、お風呂に入って汗をかくことが重要です。

もちろん、健康面でも、肌の面でもです。

日本人が昔から肌がきれいだったのは
お風呂の文化があったからだと言われています。

おそらくそれは間違いないでしょう。

毎日ちゃんと入っているよ。でもニキビが治らない。肌がカサカサという人は、
汗が出るまでつかりましょう。



P.S.

蒸しタオルってなかなかつくるの面倒なんですよね。

タオルの分厚さやタオルが吸っている水の量で
違ってきます。

手と違って顔の皮膚は薄いので
あまり熱いのを乗せるとよくないので、気を使います。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ