ニキビにいい洗顔料は薬局で買える

soap ニキビを治すのに重要なのが洗顔料選びでもあります。

いい洗顔料の選び方というのは、裏技も何も必要ありません。

どんな薬局でも必ず買えるもので、綺麗になります。

実は、特別なものって必要ないのです。

今回は、スッピンのときに使う洗顔料についてと、化粧をしているときのやさしい洗顔方法についてお話します。

ミュゼ

選んではならないもの

ニキビができるからといって、過剰に洗浄力が強いものを使うのは反対です。

ニキビができているということは、肌が傷ついた状態です。とても敏感になっています。

だから、保湿成分がたっぷりと入ったものを選びがちですが、私はそれはお勧めしません。

洗顔料に入っているような保湿成分なんてあてになりませんし、保湿成分が肌に残るということは、洗顔料の成分が残るということではないでしょうか?

微妙に残る石鹸カスが肌に残ることによって、肌荒れを起こしていると思います。

それに関連しますが、、最も選んではならない洗顔料とは、チューブタイプの泡だて石鹸です。

チューブタイプは使いやすく、泡も立てやすく、人気が高いわけですが、水を含む量が多ければ多いほど余計な物質が入っています。

チューブ洗顔が世の中に出て、流行りだしたころからニキビ人口が増えていると私は思います。

ニキビにいい洗顔料

洗顔は、しっかりと洗顔料の成分が落とせるものが一番いいのです。

それに合致するのが、無添加の固形石鹸です。原材料をみると、石鹸素地だけ。

そのため、不必要に肌に成分が残らないことがいいところです。

確かに、アルカリ性の石鹸を使ったら、肌が乾燥すると心配する人もいるかと思いますが、弱酸性の洗顔がいいかというと、石鹸を無理やり薬品で弱酸性に近づけたわけですから、いいとはいえないでしょう。

それに、美人の湯と言われる温泉はすべてアルカリ性。

アルカリ性の石鹸を使っても、なんの問題もありません。乾燥するならあとからケアをすればいいのです。

ケアの方法は違うページで紹介しますね。

固形石鹸で、透明のものと白いものがあると思いますが、白い方を選びましょう。

透明の方はグリセリンが入っています。

植物由来のグリセリンであればいいですが、だいたい、価格を安く作るために石油由来のものが使われています。

繰り返しになりますが、「洗顔では保湿はしません。

それでは、薬局で洗顔料を購入するポイントをおさらいしましょう。

  • チューブの洗顔料は選びません
  • 固形石鹸を選びましょう
  • 成分は石鹸素地だけのものだとさらによし

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ