ニキビは絶対に触らない

flowers37
ニキビができるとついつい触ってしまいます。

そして、どんどん気になって
最後は潰してしまう!なんてことも。

ニキビを触ることで悪化している場合もあるので、
ぜひきを付けたいです。

なぜ、手で触るとだめなのでしょうか?

ミュゼ

あなたの手はきれいですか?

手は意外といろんなものに触れています。

電車の手すり、スマートフォン、
ドアのノブなど。

正直、トイレの便器と同等程度汚いと言われるものを
触っている場合もあります。

代表的なのがスマートフォンの画面です。

いつも触っているので、
汚いなんてあまり感じたことはないと思いますが、

ものすごく菌がいるのですよ。

それを触った手で、
バリア機能が低下した顔を触るとニキビになってしまうことが多いです。

そして、顔を、爪で引っ掻くことによって、
角質がめくれてしまって余計に肌が荒れた状態になります。

肌が乾燥している人は、
ちょっとかゆかったりするとやってしまいがちです。

でも絶対に触らないようにしましょう。

そして、なるべく手を清潔に保つことと、
肌のバリア機能を上げていくと、少々触ってもニキビになりにくくなります。

ぜひ、そういう肌を作っていきましょう。


意外と盲点!でも重要なこと

外出先でお化粧を直したり、
日焼け止めを塗りなおしたりすると思いますが、

そういうときは必ず一度手を洗いましょう。

肌を手で触らないようにするのを気を付けていても、
汚い手でクリームを塗っていては努力は水の泡になってしまいます。

そして、スポンジもなるべく頻繁に変えてあげましょう。

特に、ニキビができているところをふれたスポンジは
頻繁に交換したほうがいいです。

今は使い捨てできるぐらいの価格のスポンジも
販売されていますし、

もっと上質なのを使うのでも、
優しいスポンジ用の洗剤もありますので、使ってみたらいいかなと思います。

洗剤がきっちり落ちるように注意して洗ってくださいね。

自分の体の清潔だけでなく、
メイクアップ用品の清潔も保つのが重要です。

スポンジを例に挙げましたが、
ブラシやアイメイクのチップも同様に清潔を保ってあげましょう。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ