ニキビの芯を出した後の処理

tea3
ニキビはあまり触らないほうがいいですが、
勢い余って芯を出しちゃった!

なんてこともあると思います。

せっかく?芯を出しても
後の処理が悪ければ、出しただけ損です。

次はもうそうならないようにしっかりとケアしておくことが大切です。

ミュゼ

芯を出した後のケア

芯を出してしまった後ケアは状況にもよりますが、
とにかく消毒をしましょう。

ここで、保湿しようとこってりしたクリームを塗ると
大きなニキビになることがあります。

ローションも同様の理由で塗りません。

消毒は広範囲にならないように気を付けます。

なるべく芯を出した後の傷ついた部分のみだけぬります。

綿棒でちょんちょんとするぐらいでいいでしょう。

あまりドバドバ塗ると肌が乾燥してしまいます。

消毒液ですが、
けがした時に塗るようなきず薬で大丈夫です。

なぜ、広範囲に塗ってはいけないかというと、
きず薬には基本的にアルコールが入っているので、
どうしても肌のバリア機能を奪ってしまいます。

正常な部分にまで塗らなくていいのです。

傷ができた部分だけほんのちょっとだけ塗ります。


芯は出すほうがいいか?

ニキビの芯は出したほうが早く治るとはいいますが、
それは本当でもあり、ウソでもあります。

確かに、早く治るものもありますが、
ニキビができている周りの組織を傷つけてしまう場合があるので、
なるべくほっておくほうがいいと思います。

なかなか治らない!という場合は、
皮膚科などの専門家に相談するほうがいいです。

ニキビの芯についてはこちらも参考にしましょう
→ ニキビの芯



P.S.

本当は、芯を出した後はアルコールなどの
揮発性のものは塗らないほうがいいのですが、

正直、ほかにいいものが日本では手軽に手に入りません。

私がオススメのものは輸入になってしまうのですよね・・・

きっとそこまでしなくても・・・と言われてしまうし、
きず薬でも悪いことはないので、今回はきず薬を紹介しました。

なので、苦肉の策ですから、
なるべく芯を出したり、ニキビを無理やり潰したりせずに、
自然に出てくるのを待ちましょう。

潰してきず薬をガンガン塗っていたら、
余計に角質層が厚くなって、芯がたまりやすい肌になってしまいます!

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ