ニキビを手ぬぐい洗顔で治すことができるのか?

waterdrops
ニキビを治す方法で「手ぬぐい」を用いた方法がありますね。

おそらくこの方法は、江戸時代?とかずっとずっとはるか昔の美容法を参考にされたものだと思います。

手ぬぐいは、昔から美容に使われていました。

でも、使い方を間違えると肌を治すどころか、傷ができます。

手ぬぐいを使うのは意外と難しいです。

ミュゼ

昔はどうやって使われていたか?

大昔の日本の洗顔はどんなものだったかご存知ですか?

「ぬか袋」で洗顔がされていたのですよ。

そのぬか袋の素材が、手ぬぐいだったと言われています。

手ぬぐいに、米ぬかを包んだようなもので洗顔をしていたのでしょう。

使い方は、しっかりとぬか袋を湿らして、肌に優しく押し当てるというだけのものだったとのこと。文献でも肌に押し当てるだけというのが示されています。

しかも、ぬか袋に使われていた手ぬぐいは、ふにゃふにゃにやわらかくなったものがよいとされていました。

つまり、「肌をなでることすらしないで、押し当てるだけ」が正しい使い方です。

米ぬかにはターンオーバーを正常にする力がありますから、押し当てるだけで十分だったのでしょう。

その美容法のおかげで、日本人の肌は驚くほど美しかったといわれます。黒船で来たペリーが日本人の肌の美しさに驚いたというのは有名なお話です。


現代の紹介される手ぬぐい使用法とは?

近年、手ぬぐいの使い方について紹介されているものが増えましたね。

石鹸を付けて手ぬぐいで洗いましょうとか、何もつけずに、手ぬぐいで肌をなでるように洗いましょうというものですね。

体は同じように洗っても大丈夫ですが、顔を同じように洗うのは賛成できません。

石鹸を使って、しかも手ぬぐいでこするなんて、昔の使い方に比べたらなんて過激なことか!というのは理解していただけるでしょう。

体は確かに、すべすべになります。

でも、顔の場合、とくに、ニキビができていて、傷んでいる場合は、手ぬぐい洗顔で治すというのは、間違った判断です。

表面の汚れをしっかりとってはくれますが、肌の大切な溝までもゴリゴリと取り去ってしまう可能性があります。

手ぬぐいは体だけの使用にするほうがいいでしょう。

そして、何もつけないで手ぬぐいを使うのは絶対にやめましょう。

体を洗うのも、石鹸を付けて、優しく、ゆっくり動かしましょう。


P.S.

洗顔にもブラシやタオルも使ってしまいたくなるという人は少なくないと思いますが、実は逆なんですよ。

体も、なるべくタオルやブラシを使わないほうがいいのです。

だから、背中にニキビがあると、気にされている人は、背中をごしごし洗いすぎです。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ