ニキビの化粧水にビタミンc誘導体は有効か?

nikibi14
ニキビのケアのために化粧水にビタミンC誘導体が入っているものを、
美顔器を使って導入している人もいるのではないでしょうか。

ビタミンCは肌にいいと一般的に知られていますが、
なぜいいのでしょうか?

そして、化粧水で肌に取り込むのは正しい方法なのでしょうか。

ミュゼ

ビタミンCの働き

まずはビタミンCがなぜ肌にとっていいと言われるのかを説明しますね。

主に以下のような効果があると言われています。

  • 美白効果
  • 毛穴が目立たないようにするこうか(収れん作用)
  • コラーゲン生成を助ける
  • キメを整える

コラーゲンの生成を助ける効果もあるので、
ニキビの跡ができてしまったという場合に勧められることが多いです。

化粧水にビタミンCが入っている場合、
なぜ、ビタミンC誘導体が入っていることが強調されているかというと、
ビタミンCだけでは、肌に浸透しないからです。

ビタミンC誘導体が入っていて、さらに、
美顔器などで導入するなどしなければ入らないと言われています。


ビタミンCは化粧品で肌に入るのか?

私は化粧水に関して、肌の表面を湿らすだけの存在だと
思っていて、基本的には浸透しないと思っています。

なぜなら、肌は腸のように吸収する器官ではないからです。

逆に、肌は排泄する器官です。

だから、どれだけビタミンC誘導体が入っていても、
効果が薄いと考えています。

実際に使ってみた感想でもむしろ、
美顔器による摩擦で、肌がカサカサになってしまった感覚がありました。

私がオススメするのは、食品やサプリメントからビタミンCを取る方法です。

ビタミンCはマルチビタミンなどと違い、
ドラッグストアでも質のいいものが手に入ります。

成分表示でナトリウムが入っていないタイプを選びましょう。

ナトリウムは血圧を上げるので、
お勧めできません。

ぜひ、体内でしっかり吸収し、肌に届けましょう。


化粧水を美顔器で導入するにはリスクがある

あまり気にしていない人が多いですが、
化粧水を美顔器で導入するのに、少しデメリットがあります。

化粧品には、基本的には保存料が入っています。

パラペン系とか、アルコールとか・・・

化粧水を導入するということは、
そういった肌に不必要な物質までも肌に擦り付けることになります。

ニキビができていると、特に肌が敏感な状態になっているので、
美顔器を使うなどの過剰なケアはやめておくほうが治りが早いです。

パラペンなど、安全性が高いとは言われていますが、
実際にアレルギー反応が出る人が多いのも事実です。

化粧品を付けて荒れてしまっているのは
パラペンのせいだったということもあるので注意しましょうね。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ