ニキビをコンシーラーでかくす使い方

ニキビ コンシーラー 使い方
ニキビの上ってうまくファンデーションがのりませんね。

コンシーラーで隠したいけれど、
余計に肌が荒れてしまうような気がする。

本当は何も塗らないで刺激を与えないほうが
肌にはいいですが、

そういうわけにもいかないですよね。

男性はともかく、女性は化粧が義務な会社もありますからね。
それに、できればきれいな肌であると思われたいですから。

ミュゼ

コンシーラーは敵?見方?

ニキビがあるときは、コンシーラーは必須アイテムです。

ファンデーションを塗るとわかりますが、
ニキビの赤みがうまく消えません。

消そうと思って塗ると、
かなり厚塗りで不自然になります。

そして、厚塗りになるということは、ニキビが悪化する恐れがあるということ。

なので、厚塗りするぐらいなら、
コンシーラーでちょちょっと消してあげるほうがいいのです。

そして、ファンデーションと違って、
汗に強いので、会社が学校で慌てて塗りなおす必要がほとんどありません。

コンシーラーはいろいろなタイプがあります。

スティックタイプとパレットタイプなど。

私はパレットタイプで筆で塗るのがオススメです。
きれいに塗ることができるので。

でも、外出先でも使いたいという人は、スティックタイプのほうが
持ち歩きには便利です。


コンシーラーの使い方

コンシーラーはニキビの赤みがあるところだけ使いましょう。

全体にぐりぐり塗ると、まるで仮面をしているようになってしまいます。

コンシーラーを塗ったら、スポンジなどで軽く押さえて
肌にフィットさせましょう。これをするとよれにくくなります。

なるべく少量にしましょう。
塗りすぎると、そこの部分だけ光の反射が悪くて、
余計に目立ってしまいます。

コンシーラーは肌に塗って終わりではありません。

1日が終わって家に帰ってきてからもやるべきことがあります。

それは、肌に負担をあたえることなく、落とすことです。


コンシーラーを落とす方法

コンシーラーはファンデーションよりも落としにくいので、
洗顔の前にポイントで落としておくことをお勧めします。

落とす時に使うのが、

  • 綿棒
  • オリーブオイルやホホバオイル

オイルは植物性のオイルがいいですが、
とくに、オリーブオイルかホホバオイルがオススメです。

ちなみに、オリーブオイルのほうが手に入りやすいと思います。

オリーブオイルを綿棒につけて、
コンシーラーが付いている場所を、チョンチョンと取ってあげるだけです。

これをすると、肌に負担なく、何度も洗顔をする必要もなく、
コンシーラーを取ることができます。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ