ニキビの薬のダラシンTゲルとは?

ニキビ ダラシンTゲル
ニキビの薬でダラシンTゲルというものがよく処方されます。

皮膚科で処方されるものってちゃんと正しい方法で使わないと、
肌の力が弱くなってしまうので注意したいです。

ダラシンTゲルがいったいどんなものなのか?

そして使いかたを紹介します。

ミュゼ

ダラシンTゲルとは?

ダラシンTゲルというのは、炎症を起こしてしまっているニキビがあるときに
使います。

どんなニキビに使うかというと、
赤くはれたものです。

細菌が増殖するのを抑え、炎症を防ぎます。

強い殺菌成分が入っているので、
あまり広範囲に塗るとよくありません。

人の肌は、腸内と一緒で善玉菌のようなものが存在します。

その菌が働くことによって、
外からの刺激に耐えることができるのです。

でも、ダラシンTゲルは必要な菌も殺菌してしまうので、
広範囲に塗ってはいけないのですよ。


ダラシンTゲルの使い方

皮膚科で処方されるものはほとんど注意してもらいたいのが、
薬を塗る期間」です。
ニキビの腫れが収まったら、薬を塗るのをやめましょう。

跡が残っているところにも塗りたくなってしまうのですが、
肌を弱くしてしまうだけで、

ダラシンTゲルには跡をきれいにする力はありません。

だって、跡をきれいにするには、
ターンオーバーで少しずつなくなっていくのを待つしかないです。

殺菌したからといって、早く消えてくれるわけではないです。

むしろ、ターンオーバーの妨げになるので、
腫れが収まったら、ダラシンTゲルの使用はやめましょう。

そして、上で広範囲に塗らないようにといいましたが、
顔じゅうにニキビができてしまっている場合は、

顔じゅうに塗るのではなく、
面倒でも、なるべくピンポイントでニキビに塗っていきましょう。



P.S.

本当は、薬に頼らなければならないぐらいまで悪くなってしまう前に、
なんとか治したいところです。

もちろん、ひどくなってしまったのなら、
薬に頼るのも一つの手です。

跡が残らないほうがいいですからね。

でも、まずは、化粧品メーカーが教える
間違ったケアから脱却して、正しいケアを身につけましょう。

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ