ニキビへオロナインの正しい塗り方

ニキビ オロナイン 塗り方
ニキビの塗り薬として有名なのはオロナインではないでしょうか?

昔から有名で、まるこちゃんがCMをつとめていたこともあったので、
好感度もなんだか高いです。

でも、オロナインはその特徴から、ニキビへの使用は
注意する必要があります。

オロナインの正しい塗り方とはいったいどうすればいいのでしょうか?

ミュゼ

オロナインはどういうものかをよく知る

オロナインはあかぎれやひび割れなどにも効くという
肌に塗る薬ですね。

化粧品でいうと、乳液ではなく、
どちらかというと、指で塗るタイプのリップクリームのような硬さがあります。

けっこう硬さがあって、こってりした質感の薬なのです。

テラコートリルよりも濃いイメージが私にはあります。

なにが言いたいかというと、
油分が非常に多い薬になっています。

炎症を抑えるような油分が入っています。

つまり、カバー力といいますか、
保湿力的にはかなり合格ラインです。

でも、逆をいうと、日中付けていると、
なんだかべたべたして気になってしまうという悪い点もあります。


オロナインの塗り方

さて、オロナインがどんなものかがわかったところで、本題です。

油分が多いということは、塗り方を間違えると
ニキビが大きくなってしまうということです。

そして、オロナインの入れ物の性質上、
ちゃんと清潔な使い方をしなければなりません。

用意するものは綿棒のみ。

手の指でオロナインをすくい取って使っている人もいると思いますが、
あまり衛生的とはいえません。

そこで、綿棒を使います。

たくさん救いすぎることもなく、使った後は捨てればいいだけですから。

そして、あまり広範囲に塗れないので使い過ぎなくていいですよ。

オロナインを塗るのに重要なのは、塗りすぎないことなのです。

イメージでいうと、ニキビの部分をオロナインの油分で
少しだけカバーしてあげるだけです。

オロナインはたくさん塗ったらいいというものではありません。
むしろ、逆です。

少しだけにしましょう。

オロナインをチョンチョンと塗るだけ。

この方法はニキビが顔全体に広がっている場合は有効ではありません。
人間の油よりも濃いものを肌にのせるとつまりやすいですから。

顔全体に広がっているときは、
もう少し、テクスチャーが薄いものを伸ばして治していく方法のほうが早く治る場合が多いです。

さて、オロナインの塗り方をまとめておきましょう。

  • 綿棒を使って塗ること
  • 清潔な肌の時に塗ること
  • 塗る場所は広範囲にならないようにする
  • ニキビが顔全体に広がっている場合はオロナインではないほうが良い

100円で脱毛してもらえた!!行かなきゃ損

ミュゼ

ニキビ 治し方

この記事を読んだ人はこちらもご覧になっています


にびき 治し方

コメントは停止中です。

このページの先頭へ